玉の輿に乗る為に最適な婚活方法は? 「今日は食事だけのパパと会って、明日はバックを買ってくれるパパに会って忙しい。」私はパパ活アプリで出会ったパパとのスケジュールを手帳に記入しています。私にはパパが5人います。みんな身体の関係にはなっていません。もちろん、「やりたい。」と言うパパもいますが、そんなパパは縁を切ると言って、身体関係なしを続けています。 スケジュールの記入が終わると同時に食事パパがやってきました。「お待たせ。行こうか。」「うん。」私はパパの腕を組み高級レストランへ行きました。 「今度、半年ぐらい海外に出張だけどなにか可愛いのあったら買ってきてあげるね。」「ありがとう。嬉しい。」食事パパは私に身体を求めてこないから1番楽。半年も会えないということもあり私たちはお酒がどんどん進みました。そして、私はその場で寝てしまいました。 気がつくとホテルにいました。「目が覚めた?私が泊まるホテルに連れてきちゃったよ。もちろん何もしていないよ。襲いたくなったけど我慢したよ。」笑いながら言うパパ。シャワーを浴びたのか、パパの髪の毛には雫がついてすごくカッコ良く、上半身は鍛えている筋肉が見えて私はドキッとしてしまいました。食事パパは、パパ達の中でも1番のイケメン。 「パパ、私もシャワー浴びていい?」「いいよ。」私はシャワーを浴びました。そして、バスタオルを巻いた状態で浴室から出ました。「こら、その格好だと我慢の限界に。」私は最後までパパが言う前にキスをしました。パパは驚いていました。「パパだったら私を抱いてもいいよ。」酒が残っていたのか、それともパパのせいか、今日の私は身体の温もりを求めていました。その後、初めてパパと身体の関係になりました。私より30歳も年上だけど、若い人に負けないくらいパパは激しく私を求めました。 副業

パパ活アプリ

508
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

まだ記事はありません

レンタルサーバー - アクセス解析 - 動画 - - ノウハウ - ライブチャット

FC2無料掲示板

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.